脳出血のCT写真の実際

(使用している写真は患者様のプライバシーの保護のため手を加えてあります)

脳内出血のCT

CTでは周囲の白いリングは頭蓋骨と皮膚、グレーの部分が脳です。脳の中(向かって右側)の白い部分が出血です。

 

脳出血の起こりやすい部分を図で示します。

被殻出血水色の部分:最も多いタイプの出血。少量の出血の場合麻痺なども出ないため気づかれないこともある。)

視床出血黄色の部分:これも多い。感覚中枢に起こる出血なのであとで半身のしびれなどの後遺症を残すことが多い)

皮質下出血緑色の部分:比較的希だが、単純な高血圧性でなく何か原因となる病気が隠れていることも多い)

 

脳出血について(脳内出血)にもどる

くも膜下出血のCT

くも膜下出血(本来黒く写る脳の周りにある隙間が、出血で白く見える)

脳の中には出血がないのが特徴ですが、血腫型という特殊なタイプのくも膜下出血もあります。
(重症となりやすく、緊急手術が必要なことが多い)

 

 

 

脳出血について(くも膜下出血)にもどる