笑う門には福来る

身近なコミュニケーションによって職場を楽しくすることにより、
 組織の能力を引き出し、チームワークを発揮し、仕事の成果が高まる効果が期待できます。
人は楽しんでいる時こそ、最大の能力を発揮します。
2015年の箱根駅伝で青山学院が優勝しました。
強いだけでなく、選手たちが楽しそうに走っているのが、とても印象的でした。
「ワクワク大作戦」 青山学院の原監督が、選手をリラックスさせるためにたてた作戦です。
元々実力のある選手たちです。優勝を狙えるチームにまで成長していました。
監督は、優勝を意識して緊張していた選手たちに、
実力を発揮できるようにリラックスして欲しかったのでしょう。
他の強豪校の選手たちとの実力は拮抗していたと思いますが、
もしかして勝敗を分けたのは、「笑顔」だったのかもしれません。
スポーツの世界に限らず、ビジネスの場でも、
実力を最大限に活かすために、そしてコミュニケーションツールとして
「笑顔」はとても有効だと考えます。


「笑いヨガ」とは

インドの医師が開発した、ヨガの呼吸法と笑いの体操を合わせた健康体操です。
笑う気分かどうか関係なく、みんなと一緒に「ハハハハ」 と声を出して笑うことで、
自然に笑うことができます。 冗談・ユーモア・コメディを使わずに笑います。
始めは体操として笑いますが、集団で笑う体操をすることを続けることにより、
自然に笑いが伝染して、本当の笑いに変化していきます。
笑いの健康への良い効果については良く知られていますが、
体は作り笑いと本当の笑いの区別がつかないので、
作り笑い、すなわち「笑いヨガ」でも健康への良い効果が実証されつつあります。
手拍子や深呼吸を組み合わせたもので、子供から高齢者まで誰でも簡単にできます。
またコミュニケーションの潤滑油としても、人間関係 を豊かなものにしてくれます。
何より笑っていると、気分が良くなり、そして元気になります。


「笑いヨガリーダー」とは

「笑いヨガ」のセッションをリードしたり、場を作ったりすることができることを
ラフターヨガ・インターナショナル・ユニバーシティが 認定した資格です。
私が「笑いヨガリーダー」の資格を取る切っ掛けとなったのは、
大阪大学大学院医学系研究科で大平哲也先生(現在 福島県立医科大学教授)による
糖尿病患者さん向けの「笑って健康教室」です。
大平先生を始め、そこで出会った笑いヨガリーダーさん達、参加者の皆さんから、
笑いヨガのパワーを実感して、私も笑いヨガを始めようと思いました。
2015年4月〜2017年4月は、豊中市で笑いヨガクラブを毎月開催しました。
2017年9月からは内容を新たに川西市で「笑って健康かわにし」を始めます。
将来は、「職場のメンタルヘルス向上」や「働く人のストレス軽減」のために
「笑いヨガ」を活用したいと考えています。


笑って健康かわにし(笑って健康かわにしリーフレッ ト
開催日時
毎月第2土曜日 10時15分〜11時30分
次回以降の開催日:2018年3月3日、4月14日、5月12日
(3月は、会場都合により第1土曜日に開催します)
開催場所
アステ市民プラザ(アステ川西6階)
阪急 川西能勢口駅 または JR 川西池田駅 直結
参加申し込み
「お名前」「ご住所」「電話番号」「参加日」をお知らせください
電話:06−7878−6937
FAX:06−7878−6641
Web:お 申込みフォームからどうぞ

リンク

アクセス

※当事務所へのご連絡は、電話またはお問い合わせフォームで、お願い いたします。
大阪府吹田市豊津町1番18号
エクラート江坂ビル3階 株式会社東豊経営内
電話:06-7878-6937/FAX:06-7878-6641

代表社労士

       
    特定社会保険労務士
      林 利恵
    Rie HAYASHI,MPH
 Labor and Social Security attorney

ページの上部へ