Click Here!

 

<資格の部屋>
                        英語の部屋はこちらへ引越しです。→

<2010年04月02日>
県庁に講師登録しておいた常任講師のお話が先月来ましたので、4月1日から高校で数学の常任講師をする事
になりました。一年更新なので、それまでにはなんとか教員採用試験に受かりたい。という欲も出てきました。
自分の県では年齢制限があるので、年齢制限が緩くなるまで待つか他県で受験するかです。

しばらくは契約更新してもらえそうですが、、その先は判りません。

<2009年11月6日>
県庁に免許状をもらいに行きました。おもったよりXXXもっとしっかりした紙なのかな〜と
勝手に思っていたのですが、、ペラペラで教育委員会のハンコが押してあるだけ。
これだけの為に一カ月以上待たされたとは、、もっとスピーディーに対応してもらいたいです。

<2009年10月12日>
県庁に確認しました。免許状は11月上旬頃になるとの事。。。。残念。


<2009年9月29月>
本日、県庁に行って教員免許の申請をしてきました。
佛大からの速達が届いたのが今日だったので、申請が遅れました。
基本的に免許申請は毎月25日に一括申請とか。。免許証は来月になるかもしれません。との事。


それにしても、佛大から修了証書類が発行されるのが、25日(各人へ速達)当然遅延が発生します。
土日は休みなので、早くても月曜の申請になります。この当たりのお役所的な仕事はなんとかならないのでしょうか?
履歴書は何回も書き直しするわで、疲れました。もっと免許申請を簡素化してほしい。

なんとか、9月25日申請に間に合うとうれしいのですが、、

<2009年09月26日>
現在、佛教大学へ修了証明書・学力に関する証明書を申請中です。佛教大学へお聞きしたら、
卒業ではなく、修了であり、確認や免許申請は各自で確認して各自で行うとの事です。
もっと早く、申請していれば25日には届いていたはずだそうです。
7月の時点で、免許取得見込みであれば一括申請する旨の封筒は届きましたが、7月中の締め切りでしたし、免許を実際に取得できるかどうか判らない段階で一括申請届まで出す余裕は
ありませんでした。この当たりは不親切な気がします。

課程本科生ではありますが、全ての科目が修了する事。9月末で学籍が失効する事。などは
事前に知らせて欲しい。ただでさえ忙しいなかやりくりして勉強しているのです。

おそらく、早くて28日か29日に速達封筒が届くはずです。その後、教育委員会へ免許申請します。。参った。はやく免許状が見たい。

<2009年09月10日>
確率論演習、幾何学演習の点数がやっとでました。。
確率論演習 75点
幾何学演習 95点 なぜか一番良い点が取れました。

これで全単位取得です。 あとは卒業を待つのみ。やっと終わった。

<2009年08月29日>
本日、佛大のSSTネットを見たら単位履修科目一覧を見たら、「未完了科目はありません」
となっていました。恐らく、先日のスクーリング合格です。
単位履修状況表にはまだ反映されていませんが、毎日チェックします。

やっと、取れたのかな? 早く卒業と単位認定をして欲しい所です。これでやっと 高校の数学
教員免許状が取得できる事になります。先日書類は、県庁に行って書類は一式揃えてあるので
、後は、記入して提出するだけになりそうです。。。待ち遠し。。

<2009年08月15日>
佛大スクーリングやっと終了です。本日は最終テスト。なんとかこなしたと思います。
若干説題の設定に無理がありましたが、、
(最適な分布を取らないと標準正規分布の方のブレが大きくなってました。分散値が不適切)

確率の講義は結構おもしろかったです。高校時代に忘れていた所もあったし、全体に判りやすい
講義でした。かたっ苦しい講義より、演習詰でびしばししごいてくれた方が受講生としては嬉しい。


これで、結果待ち状態となりました。来週は最終テストがあるので学習会開催の為、岐阜まで
行ってきます。

しっかし、、お盆の週なので朝は座れないし、、帰りも混んでるし、、体力的には限界でした。

<2009年08月14日>
10日〜ぶっつづけで、佛大に行っています。初日はシャトル切符が使えたのですが、
それ以降は使えないので青春18切符で毎日往復しています。

さすがに、体力的も知力的にもばてます。お盆のシーズンと重なるので電車も混雑してて
辛いものがあります。

12日の幾何学のスクーリングの試験は一応解いたのですが、自信がありません。
夏のスクーリングは教える先生も大勢いますので、冬のスクーリングと異なり、先生に
よって出題問題が全然違います。
 ただ一点だけ注文。数学記号の記述はなるべく統一して欲しいです。書いてる途中で
なんども書き直されても困るし、記号が混在するのも困る。stだろうが;だろうが()だろうが
どちらでも良いのですが、統一するか、別途記号一覧を作った方が良いと思いました。

明日15日は確率論のスクーリングのテストがあります。しっかりと解いてきます。
今日は、最後に講師の方とお話をしたのですが、、やはり正規標準分布はもはや
古典と言われたのが印象的でした。色々な分布が出現して自由に使える。数学的
テクニックによって自由度が増したという所でしょうか。
(昨今は、コンピュータによる多次元解析や行列演算を使用した強力な演算テクニックを)
(駆使しているようです。)

3σ6σなどと言っているようでは、もはや時代にマッチしないのでしょう。
確率論も進化してます。(分化かな?アメリカではベイズ推定が50%を占めるそうです。)

いつまでも偏差値といっていては笑われそうです。いい勉強になりました。

それと、教育実習ですが、なんとか合格。ギリギリでした。後はスクーリングの結果のみ
となります。
明日のテストと9月の結果が待ち遠しいです。

今回、2教科受かれば卒業、一科目でも落とせば、科目履修生で再度継続。。どうなる事やら。

<2009年06月19日>
・幾何学概論
・解析学概論

なんとか合格です。 これでテスト教科は終了です。

残りは、夏のスクーリング2教科です。

最後の集大成としてしっかり勉強していきます。

<2009年06月15日>
教育実習終了しました。
大変貴重な経験ができました。 後日御礼状も出します。

後は、数学教科テストの結果待ち。

<2009年06月01日>
本日から母校にて教育実習です。 大変緊張しました。前の夜から寝れないし。。
久し振りに疲れました。(精神的に。)
2週間なんとか乗り切って、終わらせたいです。

<2009年05月24日>
・解析学概論
・幾何学概論

2教科テストを受験しました。出来は、、あえて触れません。
結果が判り次第報告します。 6月下旬予定。
今回のテストが不合格だと7月の最終テストの一回しかチャンスがありません。

良い結果が来ますように。


それにしても、前日はフル一日お仕事、夜は送別会。とあった後の試験だったので
厳しいものがあります。もう少し時間が欲しい。。

<2009年03月25日>
ここの所、身内の病気や色々で更新ができませんでした。

今のところ合格したものです。
☆スクーリング
「代数学演習」「解析学演習」 → 勘違いして、2教科しか受講しませんでした。
☆テスト
「確率論概論」「代数学概論」

テスト結果がなかなかこないので、2回くらい試験を流しました。
次は5月と7月の最終試験に2回しか試験のチャンスがありません。

残り必要科目です。
☆スクーリング
「確率論演習」「幾何学演習」

☆テスト

「解析学概論」「幾何学概論」 → 幾何学は難しいです。(用語が大変)

今年は、教育実習校は確保したのですが、仕事的に忙しく本当にいけるかどうか
わからなくなってきました。


とにかく忙しいです。

<2008年09月12日>
「データ解析演習」合格通知がきました。76点なかなか厳しいです。
後は、数学教科だけ。それだけに厳しいです。

<2008年08月15日>
教育実習研究 再レポート通りました。 合格です。
明後日は数学教科の試験ですが、勉強している暇がありません。ピンチ。

<2008年08月5日>
前回落とした、データ解析演習の再スクーリングに京都に行ってきました。
とんぼ返りで、仕事でしたので相当疲れました。

このスクーリング、何回やっても疲れます。EXCELも2003だし、特殊な操作をしないと関数が動作しなかったり、
統計学の勉強というより、EXCELの使い方が問題になります。今回も何問か操作エラーで解答できませんでした。
改善を望みます。
それにしても、連日の京都通いで疲れました。。


数学教科のテストは、前回全滅。今月は解析・代数学と受けるつもりです。

<2008年06月28日>
教育実習研究の結果が来ました。。一つ落としました。再レポートです。
7月4日までに提出の必要があるので、明日仕上げて送ります。
どうもこの所テスト結果が悪いです。

・英語コミュニケーションはテスト合格でした。 60点ぎりぎり。。

<2008年06月16日>

確率論の再提出レポートの結果がWeb上で更新されていました。
設問1 → B 設問2 → A

今回は、念入りにレポートを書いたつもりですが、何らかミスを犯したようで。。
レポートが帰って来たらじっくり反省します。

これで、数学科目のレポートは終わりです。後はテスト&結果待ちです。

<2008年6月14日>
教育実習研究(中・高)のスクーリングに行ってきました。
なんと、最後はしっかりテストがありました。。朝6時に起きて、家に帰ったのが夜9時過ぎ。。
先月お借りした、位相幾何学の本5冊も返却しました。

<2008年6月9日>

代数学概論のレポートが帰ってきました。

設題1 → B評価 設題2 → C評価

問題の写し間違いや、計算ミスがありました。。反省。。それと、
数学特有の言い回しがあるようで減点されました。早く慣れるようにしたいです。

<2008年6月2日>
解析学概論のレポートが帰ってきました。

細かい所まで見て頂いて丁寧な解説もありました。ありがたいです。


<2008年5月31日>
以下の科目のレポートが通りました。
(1)解析学概論 設題1→ A評価 設題2 →A評価

後は、代数学概論と確率論概論です。

ちなみに、本日、「解析学概論」のレポートが返却されてきました。
設題2でB評価だったのは、コーシー列の定義の記述が未熟で減点になったようです。
まだまだ、未熟です。

<2008年5月30日>
以下の科目レポートが通りました。

(1)幾何学概論 設題1 →A評価 設題2→B評価

まだまだ、テストがあるのでこれからが本番。

<2008年5月28日>

以下の教科合格です。

(1)人権(同和)教育
(2)情報処理入門
(3)生徒指導・進路指導の研究(中・高)


それと、昨日・本日 確率論の再レポートを出しました。
基本的な解き方は変えていませんが、ワードで丁寧に記述しました。
また、設題2はベイズの定理も関係するので、補足として記述しました。

後は、結果待ちです。

5月25日の試験は、余りできませんでした。「線形代数学」は再テストだと思います。
(a+1)^2の形になって面白い問題でしたが、、
「解析学」は、積分公式間違えました。後は結果待ちです。

佛教大学の学務課の対応は早いです。学生証の発行は、試験までに間に合いました。。
よかったです。

<2008年5月19日>
18日(日曜日)スクーリングを受けてきました。
「総合演習」です。

今回は、ばたばた、朝6時に目覚ましかけたはずが、二度寝して、本来乗るべき電車に乗り遅れました。。
頭真っ白状態でしたが、、2〜3分考えて、名古屋まで行けば新幹線があるかも。。と必死に電車に飛び乗って
なんとか、時間に間に合いました。。 明らかに体が疲れています。


本日中にレポートまとめて投函しました。

・確率論、レポート帰ってきましたが、、不合格でした。。反省です。
・英語コミュニケーションはA評価でしたが、、確率論が落ちたので大変落ち込みました。。ショボン。
・さらに不幸はやってきます。。ポケットに入れておいた学生証を洗濯機で洗われてしまいました。。
 学生証はカード化して欲しいです。。再発行以来の手紙を本日投函しました。。

<2008年5月11日>
本日、
・確率論
・英語コミュニケーションズ


と受験してきました。なんとか出来たと思います。
(子供会の関係やお祭り関係で朝5時起き、ばたばた状態でまったく勉強できませんでした。))


来週18日は、スクーリング、再来週はたぶん
・代数学概論
・幾何学概論
・解析学概論

の3教科を受けなければならないと思います。。。しんどい。。

<2008年5月6日>
本日、前回落ちた「データベース解析演習」の再スクーリングの申し込みと、

・代数学概論
・解析学概論
・幾何学概論

のレポートを提出しました。
幾何学概論・・・・大変難しい内容を扱ってますが、、教科書が貧弱。
なんとかして欲しい、測度論も必要だし、ルベーグ積分の概念も入ってきます。
集合論は、最初の公理系で矛盾が発生して、証明に破綻を来すので難しいです。
(反証されると、答えられません。)
未だ、確立されていない領域なのではないかと認識しているのですが、、

今年は役回りが多く、なかなか勉強の時間が取れません。(今回もやっつけ)
後は、11日のテストに向けて、電車の中で勉強します。

疲れました。。。

<2008年4月24日>
本日、Webで確認したら、、以下の教科合格でした。

(1)日本国憲法
(2)教科教育法数学T
(3)教育方法学T
(4)教育心理学T

後は、数学教科を真剣に勉強します。特に幾何学概論は難物だそうですので、じっくり勉強。

<2008年4月23日>
(1)確率論
(2)英語コミュニケーション

レポートが通ったようです。次回 5月11日受験してきます。

この日の前後は、イベントで(お祭り)まったく勉強が出来ないと思います。。
ぶっつけ本番で受験します。

<2008年4月20日>
本日、以下の試験を受験してきました。
(1)人権(同和)教育
(2)情報処理入門
(3)生徒指導・進路指導の研究(中・高)

後は、英語と、確率論概論のレポートが通っていれば、来月受験が出来る予定です。
解析学概論のレポートも書き上げ、残るは、代数学概論と幾何学概論になりました。
残りの試験を確実にこなし、夏期のスクーリングも頑張りたいです。

<2008年3月25日>
合格通知は来てませんが、Webの方に合格が追加されていました。

(1)教育相談の研究 2単位
(2)教育原論1    2単位
(3)教育社会学    2単位

これで、現在まで取った単位が、18単位。前回受けたのが4教科(1つは4単位)なので、
最悪でも、20単位以上は取れていると思います。後は英語を出せば共通の学科は終わり。

いよいよ数学の試験に入っていきます。 確率については既に書き上げてますが、その他の
科目もこなしていきたいです。

☆今後の予定。

春に、教育実習用のスクーリングを受講して、夏には、数学の全科目のスクーリングと
取りこぼした、データ解析のスクーリングを取ってしまいたいです。

きっと、これからが大変なんだと思います。気合いの入れ直し!!

<2008年3月10日>
スクーリングの結果が来ました。。

(1)プログラミング1 合格 2単位
(2)プログラミング2 合格 2単位
(3)データ解析演習 不合格。。54点でした。。

痛いです!!次回データ解析演習だけ最受講します。(事前学習が足りませんでした。)。。反省

<2008年2月26日>
今回もレポートは、パス出来たようで。3月は以下の4科目受験です。

「日本国憲法」
「教育方法学T」
「教科教育法数学T」
「教育心理学T」

丸一日頑張ります。

次回は、教育実習系の科目を受験するつもりです。

もう一息で、共通科目は終了できそうです。。。やっと本題の数学に入れる。。
基本単位無しで、ゼロから取るのは正直大変です。。多くの方は何らか現役の教師の方か講師の方が多く
基本単位を持っておられる方が多い。

<2008年2月17日>
本日は、試験は受けませんでしたが、(10日までにレポートが届いていませんでしが。。しょぼん)学友会の
支部の仕事で、一日参加です。
実際に高校の先生とお話できたのが収穫でした。それと、教育実習系のスクーリングは真っ先に取る。(取れる)事が
必須だという事が判りました。(月単位で受けれる。)そうしないと、最悪「教育実習」を受けるのが1年とか2年後に
なって、必要もないのに待たなければいけない事態になることが判りびっくりです。!!

とりあえず、本日は、母校への教育実習をしたい旨の電話を入れましたので、後は4月か5月に学校側と打ち合わせを
持ちます。来月のレポート提出と試験は決定してしまいましたが、4月下旬になったらスクーリングは申し込みます。

それにしても、余りに情報が少ない。学友会の学習会に入れて良かったです。

<2008年2月11日>
やっと、集中型のスクーリングが終わりました。。正直疲れました。
今回の講義は楽しくできました。講師の方とのお話できて面白かったです。
まあ、何とか問題はやっつけたのですが、、後は結果待ち。。待ち遠しい。

帰りの電車はひたすら爆睡でした。。危うく電車乗り過ごす所でした。。疲れた。。。
明日も仕事で朝が早い。。

<2008年2月10日>
スクーリング2日目です。 データ解析は、今回の講師の中で一番数学の先生らしかったです。

内容もわかりやすく、準備もちゃんとされていました。サポートの先生も親切で好感が持てます。

午後のC言語はつまづきました。。。久しぶりのプログラムで感が戻っていません。明日1日頑張らねば。。
今日は、ちょっと復習をしておきます。

<2008年2月9日>
スクーリング三連ちゃんです。。本日はEXCELを資料した統計量の扱いです。。思ったよりややこしいです。
明日は、午前中、解析演習、午後はプログラム言語1です。(C++言語によるプログラム)
明後日は、プログラム言語1です。

それにしても、こんな日に雪がいっぱい降らなくても。。。。ぶるぶる寒いです。

<2008年1月27日>
3教科試験受験です。その前は京都だし、星見会も出席していたのでほとんど勉強できていません。
今回は、学友会の支部のお話もあって、、色々と忙しくなりそうです。。
地元で受験できると近いので助かります。(特に冬は、、)

<2008年1月26日>
プログラム2のスクーリング最後です。。完全に演習問題ができませんでした。。どうもJAVASCRIPTの
言語仕様がよく判らないし。。問われている内容も判りません。
後は運次第。  今回はシャトル切符で行きました。 京都まで新幹線込、往復で4480円 お得です。

<2008年01月24日>
スクーリング プログラミング2が土曜日にあります。 JAVASCRIPTとHTMLとCSSの本を
購入しました。 最後の課題4で挽回しないと、とても単位を取れそうにないので
やれだけ頑張ってみます。。それにしもここ最近の冷え込みは堪えます。

京都はもっと寒いと思います。

<2008年01月19日>
スクーリング、プログラミング2が始まりました。


朝は5時起き。京都まで、在来線で行きましたので、、京都についたのが7時台

佛教大学へは、  京都駅 → 地下鉄 → バス → 徒歩

すんなり着きました。

<スクーリングの感想> → おもいっきり疲れました。
(1)休み時間がほとんど無い。
(2)お昼休みの時間も40分弱。
(3)次から次へと出される課題。

プログラミング2の先生は、どうもプログラムが本職の方のようです。
(教えるの本業では無いと見ました。)

課題1〜課題3まであったのですが、、全然できませんでした。
実際のプログラミングでは、動作が止まってしまったりしてあせりました。。

来週は課題4があるようですが、、もっと難しいとの事。

反省して猛勉強です。 今のままでは単位は取得できません。
正直、課題演習をなめてかかると痛い目に会います。

(一点だけ苦言)
・キーボード 「DELキー」の調子が悪く、苦労しました。

・FDの抜き忘れがありました。。
事前準備は周到にお願いしたいです。

<2008年01月06日>
なんとか、本日午前06時30分に、スークーリングの事前学習の提出物を全て出し終えました。
正月の間 プログラミング1  プログラミング2 データベース解析演習 と三教科連続でやっつけ
でこなしました。

皆さんよく時間が取れると思います。なんとか、3教科を1週間弱で片付けましたが、、

(1)プログラミング1のC言語を使った演習は、ある程度コンパイラを使いこなしていないと辛いと
思います。(結構 ワーニングが出るし、余りボーランドCは好きでは無い。)

(2)HTMLの演習は、すでに時代にマッチしない個所が見受けられます。
個人的には、HTMLは文法チェックが甘いので嫌いです。ツール(ホームページビルダー)で作成
する方が良いと思います。今どき、HTMLを勉強しても余り意味は無いと思います。

(3)データベース解析演習
一番、困りました。。我が家はVista−OS、office2007の環境 なのに、学習はoffice2003オンリー
の操作しか出ません。全く、学習ビデオが役に立ちませんでした。なので、自力でネットを駆使して
問題を解きました。(特にEXCELはグラフの記述がoffce2007とそれ以前で大きく異なる。)
何色を使おうが、ちゃんとグラフができていれば良いと思うのですが、、見栄えばかり強調されるのは
いかがなものかと。。時間の8割は、office2003互換モードへの変換に費やしました。。疲れる。

個人的には、LATXやその他の数学ツールを扱って欲しかったです。
演習問題そのものを見直しして欲しいですし、サイトのリンク貼り間違いは止めてほしいです。(結構致命的)
おかげで、いくつかファイルがダウンロードできませんでした。。ちゃんとチェックはしてほしい!!。

後は結果待ちです。。。再来週、ちゃんと京都に行けるかな???

<2007年12月24日>

・本日、スクーリングの案内が大学から送られてきました。
・前回受験した4教科は合格でした。
・次回3教科受験できます。

来月は京都へ行くのですが、、大学への道に迷いそうです。

スクーリング用のレポートまだ手つかずのものが多いので、1月6日前までには
提出します。(お〜忙しです。)

<2007年12月9日>


なんとか、3教科レポートを書きあげ、速達で送りましたが、、はたして間にやったのやら?
さすがに疲れます。。

<2007年11月18日記入>

11月頭にレポート4部 徹夜で書き上げました。
おかげで、本日4教科最終テスト受験できました。。試験会場は名古屋。

・学校教育職入門
・学校教育課程論
・特別活動研究
・スポーツ論入門

やってしまいました。。最初1・2科目分の解答用紙が配られているとは判らず、1教科で、2枚分(表裏)
書いちゃいました。。(要領が判らなくて、一度試験監にお聞きしたのですが、、)再度、手を上げて、試験監の方
から、一枚解答用紙を頂きました。。つまり、人の2倍書いた訳です。。。

午後の試験は慣れたので落ち着いて受験出来ました。

結果は12月20日との事ですが、次の教科が控えているのでとっとやらないと、次に進めません。
お知り合いが一人もいないので孤独な勉強ですが、本日沢山の受験者を見て頑張らなくっちゃと改めて思いました。
たぶん、次のレポートも時間が取れないので徹夜です。

<2007年10月13日記入>

佛教大学教育学部 入学です。果たしてどんな展開になるのやら。


図1 レポート提出用紙やら、テキスト購入申し込みやら。。色々。 学生証も届きました。

<2007年09月07日記入>
本日、放送大学の卒業授与式の案内が速達で送付されてきました。
なんとか、卒業です。

次は、大学院かと最初は思っていたのですが、、諸般の事情により、「佛教大学通信教育学部」
に入学する予定です。
高校の「数学」の免許を取得したいからです。
まだ、申し込み期間が始まってませんが、ID番号は取得したので、後は入学手続きだけです。

<2007年08月05日記入>

本日で、単位認定試験が終了しました。
後は結果待ちですが、、9月中旬頃でしょう。。次は別の通信教育を考えていますので、
最低1ヶ月以内で結果を出して欲しいです。(マークシートならすぐできるはず。)
9月は入学ラッシュになるのに、間に合いません。要改善です。

・「物質の科学・有機化学」 → 相変わらず、化学は良く分かりません。
                  前回よりは問題が易しくなっていますが、、
                  勉強不足により、間違いなく落としています。

有機化学を身近に感ずる事ができたので良かったかと。。
仕事で、化学を必要とする人には大変おもしろかったのではないでしょうか。
単位を取る取らないは置いておいて、受講して大変為になった講座の一つです。

2日の日は、
・博物館資料論
・博物館経営・情報論

でした、、両方とも、記述式でしたが、紙面が全然足りません。時間は
十分ですが、あと2枚は欲しいです。
正直、文系の表現は苦手です。慣用表現が多い。独特に言い回しがある。
言葉自体で意味を無いしているものにわざわざ、解説を付ける。。
よく理解のできない所があります。

担当講師の石森先生は、現状の博物館に相当危機感を抱いておられると思いました。
何人か、学芸員を知ってますが、、皆さん手弁当で休む間もなく仕事をされてます。
現場は、相当消耗しきってます。このあたりは予算配分をよく考えて欲しいと思います。


<2007年08月01日記入>

7月31日(火曜日)著作権法概論の単位認定試験を受けてきました。

内容は、じっくり読んでまともに考えれば解ける問題だと思います。
教科書、六法持ち込み可とありますが、、あまり専門的に考えすぎると
問題を深読みして間違える可能性があります。

また、問題数が20問と多いので、あまりじっくり時間をかける暇はありません。

当然の事ながら、著作権がらみの問題が多く出題されました。
(著作権を本質的に理解しているかどうか問われていたような気がします。)

この内容であれば、教科書は見ない方が良いと思われます。
かえって紛らわしい。。と言って単位が取れる保証はありません。

2日の博物館資料論と博物館経営・情報論に備えます。
今年から、両方とも記述式になっていますのでどんな問題がでるのか
さっぱり分かりません。。。不安です。。

<2007年05月13日記入>
レポートも届くころになってやっと更新しているという事は、、忙しいからです。。。
とても勉強どころではありません。

今回は、
(1)著作権法概論
(3)数学再入門
(4)博物館資料論
(5)博物館経営・情報論

を取ってます。

数学再入門 → 高校生の数学と同じと言って良いです。
           長岡先生の授業なので、内容に抜かりはないのですが、、
           40分に納めるには無理があります。。。
           新しいアプローチは正しいのですが、後は、受講する側の努力しだい。

         第15回は加速度センサーを利用した指揮装置は、秋月のキットが使われ
         ていました。目標とされているフルオーケストラ指揮は多変量を同時に
         処理する事になるので画面のSH8系らしきマイコンでは力不足です。
         もっと高度な数理的モデルが必要です。(matlabは必須)

数学再入門以外は、ほどんど手が付いていない状態です。。。
まったく時間が取れません。。。

<2007年03月10日記入>
単位認定試験結果です。。ほぼ予想とおり。。。。がっくり。。 卒業まで4単位も残してしまいました。。



図1 物質の科学・有機構造解析は、、細胞生物学とダブったため棄権しました。
    物質の科学・有機化学は、私には、内容が難し過ぎました。次回リベンジ!!

    多変数の微積分、、他人のおかげで試験を落とすとは、、悔しいです。

それにしても、今回もCが多い。。。勉強に身が入っていません。反省反省。

<2007年01月31日記入>
単位認定試験です。

「細胞生物学」    →   予備知識の無い私には難しいです。。後は運次第。
「多変数の微積分」 →   今回は、前回より、問題は判ったのですが、、諸事情で、
                 99%落としました。。
「統計学とその応用」 →  範囲が広いです。。こちらも自信がありません。
「物質の科学(有機化学)」 → 間違いなく落としたと思います。
「幾何入門」          → こちらも範囲が広いです。後は運次第。。

試験会場で非常に不愉快な事がありました。。このあたりは、改善を要望します。
所長さんは謝っていましたが、、単位試験ではあってはいけない事です。


今回は、落ち込みました。。。。

<2007年01月30日記入>
単位認定試験です。
「複素数と関数」  → ラプラス変換の問題は簡単でしたが、相変わらず、コーシーリーマンの
              定理がよく判りません。。後は運次第。
「現象の数理」   → とりあえず、書き切りました。。グリーンの定理はガウスの定理も合わせて
              記述したのですが、、記憶がうろ覚えで、余計な事(間違い)を書いてしまい
              ました。。記述式はとにかく時間が足りない!!

<2007年01月28日記入>
取り合えず、「分子生物学」の単位認定試験受けてきました。

テストのレポートと同じで、難易度は低いのですが、、ちょっと紛らわしい記述がありました。。
と言いながら、単位が取れる保障もありません。

明後日は2教科、明々後日は6教科受けてきます。。めっちゃ頭が疲れると思いますが、、
取り合えずがんばります。。


一番心配なのが、「物質の科学・有機化学」です。当然教科書持込不可、内容もめっちゃ難しい。。
間違いなく落としそうです。。。レポートも間違いまくりでしたので、、


もう少し、仕事が少なければ、、、、ここの所、超ばて気味です。。

<2006年11月26日記入>

今回は、アップが大変遅れています。

とりあえず、レポートは提出しました。

(1)分子生物学           内容はそんなに難しくありませんが、紛らわしい設問が多いのには閉口。
                     遺伝子操作がお手軽に出来る時代になったという事は良くわかりました。

(2)物質の科学・有機化学    太田先生の授業だけあって、問題も14問と多いです。また、
                     内容も難しい。(特に化学が不得意な私には、、)
                     分子模型が欲しくなってきました。。自分で作るかも。。
                     放送大学の中でも特にお勧めの講義です。現代社会がいかに有機物質に
                     依存しているか良くわかります。また講義の内容も濃い!!。

(3)統計学とその応用       とても良い教科書です。はじめ手に取った時なんと分厚い。。と思った
                     のですが、確立統計学が系統的にまとめられています。
                     市販本と比べても遜色の無い出来です。とても勉強になります。
                     確立密度関数がベクトル量である事(線形空間そのもの)から、統計が
                     とっつきやすくなりました。
                     数学の集大成的な分野のような気がします。
                     点推定論・区間推定論・仮説検定論・ノンパラメトリック検定法・生存時間解析
                     主成分分析・重回帰分析・判別分析・計算統計学と盛りだくさんです。

                     要望としては、是非TV授業にして欲しいです。ラジオの聞き取りで統計学を
                     学習するのは無理!!

(4)細胞生物学           余り勉強していませんでしたが、問題は簡単でした。面接授業でも同様な科目
                     を取るので、復習します。

(5)現象の数理           なんと、レポートは問題2問。。う〜ん、試験ではどうなるんでしょう?

(6)幾何入門            教科書の作りが判りづらいです。位相幾何学を扱うのであれば、はじめから
                     オイラー数を導入して欲しいです。この授業だけで理解はとうてい無理!!

                       図書館から、いろいろトポロジーの本を借りてきました。


<2006年10月04日記入>

アップが大変遅れました。。という事は忙しくて余り、勉強出来ていないという事です。

後期の講座です。

(1)分子生物学           TV
(2)物質の科学・有機化学    TV
(3)統計学とその応用        ラジオ
(4)細胞生物学           TV
(5)現象の数理           ラジオ
(6)幾何入門            ラジオ

今回は、3講座はTVで3講座がラジオです。例によってラジオは余り期待できないので、
参考書を利用しながらの勉強になりそうです。
大学レベルの自然科学系をラジオ番組のみで行う事事態、無理があると思うのですが、、、

<追伸>
今回もビデオを先に借りて先行学習しようとしましたが、8日からしか駄目とか。。。う〜ん
時間の都合のつかない社会人にはとっても辛い事態です。

とりあえず、物質の科学・有機化学 細胞生物学はセンターで学習です。

物質の科学・有機化学 ⇒ 期待通り内容が濃そうです。教科書に書いていない言葉が
              ぽんぽん飛び出します。ありがたい。
              (今まで化学系を取った甲斐があります。取り合えず理解できる。)

細胞生物学 ⇒
 生物の代謝については、以前面接授業を受けたので大体理解したつもりです。
           後期には生物学系の面接授業もあるのでタイムリー。テロメア問題やがん細胞なども
           興味があります。(かなり広範囲なので、別途参考書を購入するかもしれません。)




図1 後期の教科書です。

<2006年09月11日記入>

2学期に結果が来ました。。。なんと3教科も再試験。。。おまけに、そのうち1教科は、今度受ける

教科と試験日がだぶるので、、受験不可です。。。。気が緩んでます。


図1 今回の結果は悲惨の一言。。。。。言い訳できません。
    最近は面接授業に出られません。。体の都合がつかないです。。。

<2006年05月16日記入>

「複素数と関数」のレポート提出しました。

(1)複素数と関数
  かなり難しい内容を扱っています。
               ラジオ放送なので、視聴手段を持たないのと、一度テープをお借りしましたが、
              単なる棒読みでは勉強にならないので、本と他の教科書と併用しての学習です。
              教科書の出来は、「多変数の微積分」の著者と同一人物とは思えません。
              よく出来ていると思います。

               
               ただ、いつも思うのですが、もう少し図式をうまく利用して頂けると助かるのですが、、
              数学では、3次元で収まらない表現が余りに多いです。4次元以上の空間を扱っている
              のに図的には、3次元で表現してある所はなんとかならないでしょうか?


               今回のレポートの中で一番てこづりました。まだまだ力不足です。

<2006年05月13日記入>

レポート大幅に遅れてます。。というのも市のお祭りの準備とか、、PTAの会合とか、、
今年は特に忙しくなっているためで、、なんていう言い訳は止めにしたい所ですが、、

なんと、今年は忙しさの余り土日の面接授業を流しました。。グスン!!
(天体関係だっただけに残念!!)

とりあえず、以下のレポートはなんとか片付けました。

(2)多変数の微積分 → 内容はそんなに難しくはありません。ただ、教科書の編集に問題
                があるような気がします。余りに数学的な表現が多すぎます
                =超抽象的 初めて習われる方はかなり、戸惑うと思います。
                市松先生の「解析学序説」・溝畑先生の「数学解析」・小松先生の「解析概論」
                と言ったレベルの教科にして欲しいです。(そのまま教科書にしてもOK)

                おまけに、2003年に収録した内容がまったく更新されてません!!
                途中の計算ミスや、勘違いがそのまま放送されています。(時間の無駄)
                教授ご自身の権威の為にも、今一度本の再編集と、放送内容の再収録を
                お勧めします。
                (先生自身は大変レベルが高いのは授業を拝見すれば判りますが、)
                (もう少し判りやすくしてあげて欲しいです。)


                後、、いけない事なのですが、ヘッシアンを使用しての留停点や極大・極小は
                Splot関数で解けてしまいます。。ある程度3次元の座標を可視化する努力も
                必要なのでは無いでしょうか。。


                 私達は数学者ではないのですから、式が美しいとかいう数学独特のセンスや、
                より数学的な厳密性より、それが実学として何処に使えて、どんな意味が
                あるかを知りたいのです。(少なくとも私はそうです。)

                 そもそも数学的センスが無いから、コンピュータのツールを使ったりしてその
                センスを補っています。(皆が数学者である必要はないと思います。)


                 最後に、授業内容のレベルからすると、ルベーグ積分も外せなくなるはずです。
                特に、ジョルダン可測についてさらりとふれてそのままは困ります。
                ルベーグ測度についてもふれておくべきです!!

                 最終章当たりに追加して頂けるとありがたいのですが、、

<2006年05月06日記入>

連休前に届いたレポートを、やっと3個片付けました。

今回は、身の回りが忙しく、大変遅いペースでやってます。

(1)複素数と関数   → 明日片付ける予定です。
(2)多変数の微積分 → 明日片付ける予定です。

(3)物質の科学 有機構造解析 → レポート自体は教科書を読めば理解できますが、
                       ある程度予備知識があった方が良いです。
                       構造分析ですので、ある意味化学の総仕上げ的な所
                       があります。(基礎知識前提で問題が出ます。)

(4)天体物理学入門      → 古典的天文学の良い見本だと思います。
                     最新の理論は出てきませんが、基礎的な事は十分把握できます。
                     有名どころはちゃんと抑えてありますので興味が沸きます。

(5)数学とコンピュータ    → そんなに難しい問題はでません。
                    あえて心配なのは、問題に実際にPLOTを使用した問題が出た事です。
                    パソコン持込可?ですか?困る!!

<2006年04月26日記入>

間違えて、「物質の科学有機化学’06」を借りてきてしまいました。。ところが、これが結構面白い!!
おまけに、解説されている教授の説明がわかり易い。とても良い授業です。

今回はたまたま、立体異性体の解説でしたが、模型を使った説明も良いです。

先生の持っている、分子の模型が欲しくなりました。。

後期は、この科目を是非取ります。

<2006年04月15日記入>

放送大学の授業、進捗状況です。

<困った事>
・ラジオ番組を聴くことができない。
・TV番組の撮り忘れ。。

という事で、ビデオを借りてきて自宅での学習です。
ラジオは、テープを借りてきたいのですが、、自宅にはテープのメディアが一切無いので
再生不可です。せめてCDにして欲しいです。 今時テープとは、遅れすぎです。

<個々の授業>

・数学とコンピュータ
 フリーソフトを使用した、ビジュアライゼーションは面白いです。
 感覚的にメトリックがつかめるのは良いです。 → ただ試験がどんな形になるのでしょう?
                               パソコンを持ち込むわけにもいかないし。。?

多変数の微積分
 内容が薄いです。説明も不足。おまけにペースが速い。
 これなら、自分でじっくり本を読んで勉強した方がましです。
 一様収束やε−δを一言で片付けられては困ります。

物質の科学 有機構造解析
 内容は興味がありますが、原稿の棒読みはやめて欲しい。
 何の為にTV番組かよく考えて欲しいです。


他の科目はラジオなので、本を中心に勉強します。

今回はマイペースで勉強します。


<2006年04月02日記入>

「数学とコンピュータ」の本が届きました。(図1)


さすが、長岡教授が手がけただけあって、大変良い仕上がりになってます。
これだけの本を作るのですから、手間がかかったと思います。(遅れるのが当然)
長岡教授の教育にかける熱意には心から敬意を払います。





図1 厚みはそんなにありませんが、中身は濃い!!
   長岡教授の授業は全てお勧め!!

<2006年04月01日記入>

いよいよ、新学期が始まりました。。今回は以下の5教科を受けます。


(1)複素数と関数
(2)多変数の微積分
(3)物質の科学 有機構造解析
(4)天体物理学入門
(5)数学とコンピュータ


今回、古典数学は2教科です。基礎をもう一度固めます。
天体物理学は、スーパーストリング理論やM理論もふれて頂けるとありがたいのですが、、

それにしても、教科書が届いたのは昨日だぞっと!! 相変わらず遅い!!


図1 今回の教科書です。。「数学とコンピュータ」の教科書はまだです。。。

<2006年03月13日記入>

2学期の単位試験結果が出ました。

結果は。。悲惨の一言です。一学期落とした「光と電磁場」「物質の科学・反応と物性」
                                             ↓
                      お決まりの3重点におけるクラウジウスペロンの公式の問題や、
                    格子エンタルピ問題が出ましたが、
                    解くだけの時間が足りませんでした。。無念。


とりあえず、単位はとりましたが、それぞれBとCです。


線型代数入門は E で不合格だし。。。そのくせ、線型代数学は C で合格。。。
                           (ジョルダン標準形が出て助かりました。)
猛烈反省します。

今回は、かろうじて、「計算力学」がAのみでその他はCが多いです。

面接授業については、2単位ロス・仕事都合で出席でいませんでした。。残念!!



図1 まさか線型代数入門で落ちるとは、、何か致命的な証明ミスをしたと思います。
    E評価とは、、命題系の問題は苦手です。=数論を理解できてません。
    群論と、集合論、リベンジで徹底的にマスターします。
    面接授業は、2つ出席できませんでした。仕事の都合をうまく付けないと厳しいです。

<2006年02月05日記入>

2学期の単位認定試験も終わって後は、結果待ちです。
今回は、土日集中型で、「物理実験」を受けてきました。

比電荷の測定は興味深かったです。
測定を南北で、装置を南向きで測定した結果と北向きで測定した結果で、
優位がでました。恐らく地磁気の影響だと思います。

実際に測定したら、、電圧 280Vの時。 電子ビームの半径0.05の時

(1)装置を北向きにして測定した時の比電荷 1.99×10^11[C/Kg] ⇒A
(2)装置を南向きにして測定した時の比電荷 2.48×10^11[C/Kg] ⇒B

A-B=0.49×10^11[C/Kg]の差が発生しました。

磁束密度Bは 7.99×10^-4×電流 なので、

(3)装置を北向きにして測定した時 B=7.79×10^-4×1.36 = 10.59×10^-4 ⇒C
(4)装置を南向きにして測定した時 B=7.79×10^-4×1.22 = 9.50×10^-4  ⇒D

(C-D)/2=5.45×10^-5[wb/u]が地磁気の影響と思われます。
実際の地磁気の影響は、上記の半分程度の値ですので、値はともかく、オーダーはいい所まで
測定できたと思います。

 
図1 島津製の装置です。             図2 管球部です。右側から電子のビームが発生します。
   ホームページでしらべたら「218,000円」    周りは、ヘルムホルツコイル。
   高いのやら安いのやら。

      
図3 ビームが出てます。            図4 電圧を上げると輝度が上がります。 
  電流0Aの時 実際はもっと緑色。


  
図5 電流を上げていきます。            図6 さらに電流を上げていきます。



図7 綺麗な円になります。
    この直径(半径)をはかります。

    電流も測ります。(1Aちょっと程度)

<2006年01月14日記入>

やっと2学期のレポートの解答が本日届きました。 遅いです。。来週から単位試験というのに、、

「線型代数入門」「線型代数学」は丁寧な訂正があり、大変勉強になりました。

質問にも丁寧なご解答がありました。(一番親切です。)

「物質の科学 反応と物性 04」も厳しい訂正が入っており、勉強になりました。
試験問題でどうしても解けなかった問題もちゃんと解が存在しました。(脱帽です。)

反省反省の一日でした。。それにしても、、線形代数学単位取れるかな〜?あまり自信がありません。

<2005年11月27日記入>

本日、最後の「線型代数学」のレポートを提出しました。


私の勘違いもあって予定より2日程時間を費やしてしまいました。

内容的には、そんなに無茶な問題は出てません。

今回は、線型代数学用の本の新たに購入しました。 → 本の部屋参照

なんとか、解きましたが、この授業は真ん中に山があります。 固有値・固有値ベクトル・対角化


でまず一息。 その後、ジョルダン標準形の大きな山場があります。

後の、解析学など他の分野への応用は付け足し程度です。


久しぶりにまともに数学したら頭が疲れました。。


<2005年11月23日記入>

本日、ようやく「物質の科学 反応と物性 04」のレポートを出しました。後は線型代数学だけです。


予定では、明日明後日中には提出です。

2学期は、「エネルギーと熱」「線型代数入門」「流体的地球像」までは直ぐに提出できたのですが、、

「物質の科学 反応と物性 04」ではた。。と止まってしまいました。

エントロピー問題で、どうしても解けない問題(値は判るが、問題の条件だけでは解けない)があり、
(詳細は述べません。さわりだけ、、)
色々 調べたのですが、、、。 問題のCO2とH2Oのみのエントピーだけで、へスの法則から
窒素化合物のエントロピーをだすのは不可能です。(まる二日考えました。。無理!!)

(たぶん、メタンとか他の物質の間違いではないかと。。思います。)

他にも、教科書自体に結構誤記(数値や単位)があって、どちらが本当なのか判らない所もあって、
随分混乱しました。。取り合えず、あきらめて本日提出しました。

2学期で出したレポート

(1)「エネルギーと熱」   → 授業の内容は大変良いが、レポートはやさしい。

(2)「計算力学」       → 習っていない所での、引っかけ問題が多いのには閉口!!
                   素直に考えれば直ぐ答えが出せますが、、間違っている回答の
                   証明が大変難しい。
                   (リッツガラーキン法を完全に理解してないと証明不可)
                   (非線形の解析学(編微分方程式)を完全に理解してないと証明不可)

(3)「線型代数入門」    → はっきり言って高校の数学と同レベル(復習にはなる。)

(4)「流体的地球像」    → これで自然科学系か。。?と疑問です。(歯ごたえが全く無い)

(5)「物質の科学 反応と物性 04」 → 基礎は前半に集中。 後半は触媒や高分子から核酸に至る
   まで、実に広範囲な応用中心。(最新の測定法や実験例もあって興味深い)
   
⇒ 放送大学の中でも受ける価値の高い授業です。!!

今回は、センターからビデオを事前に借りて先行的に勉強を進めた結果、かなり効率良く学習が
できました。
また、「エネルギーと熱」と「物質の科学 反応と物性 04」はかぶる所が多いので、復習になって
相乗効果を発揮してくれてます。一学期で習った
「進化する宇宙」で、杉本先生がおしゃっていた

自己重力によってエントロピーのサブシステムが出来るとか、星の光という低温でエネルギーを捨てる。
また、
    dStot/dt     =   dSstar/dt  +  dShv/dt
     正                 正          負
   宇宙全体のエントロピー   星のエントロピー  光のエントロピー

の意味がやっと判りました。 まだまだ勉強不足です。。。特に化学は苦手なので、、

<2005年11月03日記入>

今日も、学習センターで勉強だーと思ったのですが、、部屋が暗いもしかして、、

そうです。祭日は休館なのでした。。そのまますごすごと家路につきました。。


今月は、レポートの月になりました。本日は「線型代数入門」を提出しました。

後のレポートも早めに出します。(前回ばたばたして辛かった為)


今回も記述レポートが3個あります。


         

物質の科学 反応と物性が再レポート可能なため、今回提出します。
(やっと放送大学の仕組みが判ってきました。)

<2005年10月25日記入>

放送大学、学習センターで勉強してきました。

(1)エネルギーと熱

全体的に、丁寧な作りになっているかと思います。編微分方程式なども、その意味を
具体化して、説明している所は好感が持てます。
また、演習問題も、時間内に収めている所も良いかと。
初めての人でも、わりと自然に入っていけるような体系にしてあります。

(2)線形代数入門

う〜ん、教科書なくても、ビデオを見るだけで大体理解できるかと思います。
高校の数Tレベルの復習が結構多いので、、この当たりは、『線形代数学』と大違いです。
とはいえ、結構忘れている事も多いのでで、復習にもなります。
後半の授業を期待してます。


<2005年10月16日記入>


この所、忙しかったのと、録画がうまくいかなかったので、地元の学習センターで勉強です。

【対象】
(1)線形代数学 No1〜3まで

放送大学の中でもレベルが高い科目です。GAまで紹介して頂けるとは、、ありがたい!!
です。たぶん、八元数(クリフォード代数)の事を言っていると理解したのですが、、
全て、ノートに手書きで記入してます。(数学は実際に記述しないと理解までいかない為)
その為、1枚のDVDに2時間位の時間を費やしてしまいます。ノートも一杯取るので、
3〜4冊くらい購入します。

長岡先生は大変、熱心な方なのでこの先生の担当の講義は、全てお勧めです。

(2)計算力学 No1〜2まで

始めの出だしはよかったのですが、、(グリッド計算機の紹介はグッドです。)有限要素法などは、
20年以上前にフォートランでプログラムを組んだ記憶があります。(構造解析の為)。

説明が大雑把なのと、最後の方に流れる紹介ビデオは当たり外れが多すぎなのが難点です。

後の教科は時間があったら、学習します。

<2005年09月26日記入>

2学期用の教科書が届きました。
それにしても、、遅いですね。
 1学期の採点結果も遅かったですが、
もっと早くというのが正直な感想です。事前準備もあるので、、
この辺は改善して欲しいと思います。

今回は、忙しくなる事もあって、5教科に減らしました。

(1)線形代数入門
(2)線形代数学(群論) (1)を受講している事を前提の授業のようです。
(3)計算力学 → 内容を見ると広範囲な知識が要求されそうです。
(4)エネルギーと熱 → 熱力学を勉強し直します。
(5)流体的地球像 → 地球シミュレータの成果あたりがあれば嬉しいのですが、、



図1 全部そろった教科書です。 計算力学教科書は薄いですが、
   内容が濃そうです。



<2005年09月12日記入>

やってきました。1学期のテスト結果。。。(図1)

とてもお恥ずかしいのですが、、一つ落としてしまいました。。それも得意の電磁波で、、何か勘違い

でもしたのかな?
 とりあえず、放送大学授業で16単位 面接で4単位 合計20単位取得です。。

明日から、2学期に向けて勉強です。。(本もまだ届いてませんが、)

2学期は放送大学授業8単位(4教科)、面接2単位受講します。


図1 面接授業、地元ではなかなか理数系をやってくれません。

A B C までが合格です。 Dは不合格。。なんと『光と電磁場 '05』不合格です。反省せねば。
Cが2つもあります。。量子力学はお情けでなんとか単位を頂けました。。これまた猛反省。

<2005年08月17日記入>

放送大学のスクーリングを受けました。。一日だけかと思ったら。。2日間あるんですね。。

おまけに、結構缶詰。。。最初は、「フーリエ解析と編微分方程式」でした。

講師は、名古屋大学大学院 理学部 三宅先生でした。
(今回は、現役の数学者の方の授業でしたので、大変ありがたいです。。)

個人的には、、一様収束する事の意味、リーマン積分とルベーグ積分の違いがちょっと

判ったので満足です。。後は、C環についても勉強したいです。。。



スクリーングの関係で、、今年は、電検3種の受験日が重なってしまいました。。日程調整が難しいです。。

<2005年07月31日記入>

放送大学の単位認定試験を受けた感想です。

記述式の問題解答時間とマークシートの問題の解答時間が同じ50分なのは納得できない。。

です。。。マークシートの問題だと、30分以内に問題が解けてしまう科目がありました。。

しかしながら、、量子力学・量子化学の記述式の問題は50分ではとても全部解けません。


何問か未解答になってしまいました。。(時間が決定的に足りません。)

後は、結果を待つだけですが、、量子力学はだめかな〜は〜(ため息)

<2005年07月14日記入>

とりあえず、『物質の科学・反応と物性』以外の以下の9教科について、23日と28日29日と
(物質の科学・反応と物性は提出期限に間に合いませんでした。。)
単位認定試験を受ける運びになりました。。

『量子力学』 赤入れがしてある添削が帰ってきました。。ちゃんと細かいところまで見て頂けました。
『光と電磁場』
『宇宙からの情報』
『運動と力』
『進化する宇宙』
『数理モデルとカオス』
『物性物理学入門』
『相対論』
『物質の科学・量子化学』 赤入れの添削が帰ってきました。。
                 個人的にはマークシートよりは、記述式の方が好きです。


3日で、3教科連続で、単位試験実施です。。。。仕事キャンセルして試験に没頭します。。。

それにしても、、放送大学の番組を収録した、ハードディスクがクラッシュしたのは痛いです。。。
(修復ができませんでした。。。。)


<2005年7月03日記入>
久しぶりに、センターにて勉強です。。この所、忙しくて、勉強が遅れ気味です。

最近はやっと生成・消滅演算子に少し慣れて来ました。何回もノートを取って演習しいる

うちに、多少は記号に慣れたようです。

とにかく、今年は、『量子力学』と『カオス』の2点については重点勉強項目です。


ずばり、面白いです。『カオス』の方は、授業では不十分なので、放送大学から分厚い

お借りしてきました。連続して借りるつもりです。(2週間しか借りれない為。)


あ〜時間が足りない!!


<2005年06月07日記入>

放送大学、一学期用の最後のレポートを提出しました。。(全部で10)

ちょうどタイミング悪く、、パソコンは壊れるし。。。(同時平行で直しましたが、、)
ばたばたしていました。

次回からは、もっと要領よくこなします。。



<わかった事>

・物理化学では、量子力学系の知識は持っていて当り前である。。(必須)
・ケプラーさんは偉い!!(特に第3法則はどこでも引っ張りだこ、、)
・数理カオスは純粋数学に近いような気がします。。他の学問と精度が異なるような気が、、
 ラブラスの成果すら、精度が甘いと一刀両断です。。
・演習を繰り返し行うのが理解への一番の近道である。。
 (繰り返し、判らない事でも繰り返すと。。理解に代わるような気が、、します)

・単位を良く理解する必要がある。。(式のみでは判ったつもりでも、実際の演習では判らなくなります。)

<反省点>
・いろんな知識をすっかり忘れている。。事に改めて気がつきました。。
 (これから、地味に積み重ねます。。)

・5円切手は大量に買っておかないと、、郵便局では売切れの事がある。。本当です。。


<2005年05月29日記入>


『量子力学』第6回目です。。 ついに出た出た、ブラケット ユニタリ演算 共役運動量の対角化

可換性と同時対角化の定理。。力学変数と演算子 ポアッソン括弧 。。。やばすぎです!!


早々、書店にて新たな本の購入です。。。(全部で一万円也。。。詳細は、本のページへ

大丈夫かな〜? 量子力学の後には量子場が控えている事も分かったし、、

<2005年05月22日記入>

久しぶりの書込みです。。『量子力学』の学習遅れ気味です。。第5回目を学習してきました。。


前回よりは、式も少なかったのですが、、説明が大雑把すぎるように思いました。

また、式の変形の途中で共役である事や、ラグランジアンを時間で積分する意味、や共役運動量

ハミルトン・ヤコビの方程式・波動関数といった所の説明が不足していると思われます。

さらに、シュレディンガー方程式から、固有値問題へと発展するわけですが、、これも説明が

不足です。 その後の物質の保存則についても、複素共役である事や、密度の流れの意味する所

も説明不足です。ボルンの確率解釈は判りやすかったですが、、全体に言えますが、やさしい所

(ベクトル解析やテンソル解析レベル)をわざわざ説明して、
高度な数学領域になると、

説明の省略が多い辺りはなんとかしてもらいたいです。


元々、量子力学とは数学そのもと思ってますが、、数学の補足が決定的に不足してます。


<2005年05月06日記入>

『量子力学』第4回目を学習センターで勉強してきました。。今回は数式の嵐です。。一気に

行列力学までいってしまいました。。、DVDをポーズしながらノートしながら、2時間程かかりました。

前回・前々回の内容も理解していないと、、式を理解できないので、、大変です。。

45分に収めるには、内容が濃すぎるような。。。単に私の能力を超えているだけかも。。


今日の収穫は、正準運動方程式 ハミルトニアン 運動エネルギーを変数分離して偏微分すると

単純化される。作用積分 遷移確率の求め方 リッツの結合則をつかうと中間状態が求まる事。

ゾンマーフェルトの量子化条件の両辺をnで微分すると交換関係が求まる。。(pq−qp=h/2πi)

いっぱい収穫があったな〜。(書きなぐっただけでその気になってます。)




<2005年05月03月記入>
『数理モデルとカオス』で数式処理システム MuPADを使ったシミュレーションをやってました。。

興味があったので、早々1ヶ月のお試し版をダウンロード(図1)学生だと9,000円くらいで購入

できるので、購入する予定です。


図1 MuPADの表示画面の一部です。。微分(diff)積分(int)、定積分とやってみました。。
  (MuPAD Pro 3.0です。)

アニメーションをチャプチャーで撮ってみましたが、、ちょっとコマが足りませんでした。。

12Mbyte程度あります。



<2005年04月28日記入>

『宇宙からの情報』 第4回 光と赤外線で宇宙を見る。。。。を視聴しました。

スバル望遠鏡。。ものすごい性能です。。波面補償光学装置もすごすぎです。

大気の揺らぎまで補正できるとは、、打ち上げのリスクと維持メンテ費用を考えると地上からの

観測が合理的に見えてきました。。重量が500トンを超えているというのもすごいけど。。


<2005年04月22日記入>

今日も今日とて、夕方、センターに勉強しに行きました。。『量子力学 3回目』です。

今回はちょっとレベルが落ちたかな?という気がします。。(高校で習った化学系のお話でした。)

講義の内容は、量子がどのような成り立ちから始まったのか。。という履歴的手順で進行するので

しかたないかも。。足りない部分は、自習で補います。

ただ、熱力学と統計力学の知識は必須だと思われますので、、図書館で、統計力学の本を借り

てきました。。(図1)

だんだん、範囲が広がってます。。(ボーズ・アインシュタイン凝縮。。統計力学の分野でもあるんですね。)

あちこちに、アインシュタインの業績がみられます。。



図1 放送大学からの借り物なので、、カバーがありません。

『熱統計力学』 安部竜蔵 著 裳華房  。。。裳華房の本はいいですね。。

<2005年04月15日記入>

忙しい中、時間を割いて、センターへ勉強しに行きました。。『量子力学 2回目』です。

ミリカンさん。。油滴実験で電子の電荷測定をしたのは有名ですが、それ以外にもいろんな実績があるんですね。。

それに、アインシュタインさんの洞察力の深さには完敗です。。すごすぎです。

『量子力学』は、『熱力学』『統計力学』も理解した上で学習すべきでしょうが、、範囲が広すぎて、、大変です。。

受講内容の10倍以上は勉強しないと。。いけません。。。



<2005年04月06日追記>

今年も、AUTOCAD1級を受験します。。去年は、試験をなめていました。。


ひたすら、練習あるのみです。平成17年度の既往問題集も買ったし。。
(去年も買ったので、、2冊目です。、平成16年度の問題が追加されてます。。→私が落っこちた問題もあり。)


<2005年04月06日記入>

『相対論』を聞きそこなったのと、『数理モデルとカオス』も見そこなったので、、センターへ行ってきました。

『数理モデルとカオス』。。時間の割りに内容が薄いです。。(物足りない) 大学レベルかというと。。??です。

(上記発言取消しです。取扱う数学の範囲はある意味大学のレベルを逸脱しています。、取扱うモデルも)
(広範囲です。本当は数学の扱いに習熟している事を前提とされます。 8月20日修正追記)


もっとがっかりしたのが、、『相対論』。。高校生でもこの内容以上の事を理解しているはず。。

説明が大雑把すぎです!!。ブルーバックスでももっとうまく説明しています。。がっかり、、、
(ラジオでの講義なのでしかたないかもしれませんが、教科書の棒読みは止めて欲しいです。)

今の所いくつか授業を受けましたが、、レベルの差がありすぎです。。大学以下のレベルの講義もあれば、

大学を出ている事を前提にしたような講義もあるし、、この辺は改善の余地があると思います。



<2005年04月03日記入>

放送大学の番組が夜中だったので、眠いです。。。

『進化する宇宙』と『物質の科学・反応と物性』連続で見ました。


『進化する宇宙』。。最初はお馴染みの杉本先生でした。この科目は担当の先生が色々代わるので

これから期待したいです。ただ、守備範囲が広範囲なので、、授業への肉付けをどうするか。。

参考図書も考えないといけません。

『物質の科学・反応と物性』。。こちらは、京都大学院教授の梶本先生です。初めての授業でしたが

大変分かりやすく、高校の時の化学の授業を思い出しました。

この先生は、時間内で理解できるように実験まで自分で行ってます。また、教科書の内容を外しませんので、

とてもよい授業だと思います。次回が楽しみです。


ただ、時間が夜中なので、、センターを利用して予習をするとか、、対策が必要になりそうです。

<ポツリ独り言>
これまで、受講した中では、『量子力学』が一番内容が濃いです。
(予備知識が必要です。)

<2005年04月01日追記>

放送大学で見逃した、『量子力学 1』の勉強の為、

センター行ってきました。。やっぱりDVDは良いです。ポーズしている間ノートは取れるし、、

繰り返し見れるし。。2時間半程勉強しました。(DVDは40分でした。)


かなり、広範囲の内容だったので、ノートを取るのに時間を費やしました。


光と電子の関係を、時代を追った形式でまとめてあったので良かったです。

また、マックスエルの4つの基本方程式や波動方程式も紹介されて良かったです。


内容はそんなに難しくなかったので、次回もセンターで勉強をするかも。。です。
(ベクトル解析を理解していれば解けます。)

そのうち、ブラベクトルやケットベクトルが入ってくるとややこしいのかも。。
(やっぱり、ヒルベルト空間を理解していないとやばそうです。。)


明日は、『運動と力学』『進化する宇宙』『物質の科学・反応と物性』と3科目もあります。。



<2005年04月01日記入>

ありゃー初日からやってしまいました。。。量子力学の授業。。朝6:00からでした。。

早々、センターへ行って、DVDを見ていきます。いちばん気合の入っていた授業なのに、、、


番組表も本日打ち出しました。。

(それにしても、、『量子力学』の教科書は一番最後に届いたぞっと(つい最近)
     →教科書はもっと早く欲しいです。)


平成17年度一学期放送予定
             ↓
http://www.u-air.ac.jp/hp/program/nenkan/index.html


図1 やっと全部揃った教科書です。

『量子力学』『光と電磁場』『宇宙からの情報』『運動と力』『進化する宇宙』『数理モデルとカオス』
『物質の科学・反応と物性』『物性物理学入門』『相対論』『物質の科学・量子化学』

上の方が新しい年度の教科書で、下の教科書が若干古い教科書です。

<2005年02月23日記入>

放送大学から、一部の教科書が送られてきました。。(図1、図2)

まだ、全部の教科書が届いていません。。

今のうちから予習しておきます。特に数学は要復習です。


図1 化学は苦手なんですが、、何故か取っちゃいました。。


図2 物理科学は好きなので、早速お勉強です。


<2005年02月02日記入>

放送大学から合格通知がきました。。。

今年から、大学生です。。専攻は自然科学中心です。

一学期は、20単位を取ることにしました。

学生証がきたら、また報告します。。。

<2005年01月06日記入>

放送大学の申込書が届きました。。申し込んで2〜3日で届きました。(図1)

今年から入学しようかと考えてます。入学が決まったらまた報告します。


図1 左から、教養(学士用)、大学院(修士全科用、修士専科用)の冊子

<2005年01月02日記入>

去年取得できた資格は結局。

(1)CAD利用技術者2級               平成16年7月15日認定

(2)NTTコミュニケーションズインターネット検定 平成16年7月23日認定
   「.com Master ★2004」

だけでした。。あとは全滅です。


今年も挑戦する資格は、

(1)電検3種

(2)CAD利用技術者1級


(3)第一種電気技術者

去年は沢山受けすぎて、結局失敗しました。

心機一転がんばります。


<2004年10月05日記>

第一種電気技術者の自己採点をして見ました。。。結果58点。。。うっわずかに足りない。

もう少し勉強していれば、、、ショボン。。。結構勘違いしている回答がありました。。。

また来年頑張ります。次は11月にCAD利用者検定1級の試験があるので、、そちらに

向けて全力です。


<2004年09月09日記>

第一種電気技術者の受験票が来ました。。

受験日は26日(日曜日)なんですが、、ここの所忙しくて勉強ができてません。

結構焦ってます。。明日から勉強再開です。


<2004年08月30日記>

英語の部屋改め、資格の部屋に変わりました。。。

<今年取得した資格です。>

(1)CAD利用技術者2級               平成16年7月15日認定


(2)NTTコミュニケーションズインターネット検定 平成16年7月23日認定
   「.com Master ★2004」
  (去年12月★★を受験しましたが、落っこちました今年は★で確実にゲット)

<今後の予定です>

(1)第一種電気通信主任技術者          平成16年9月26日受験

(2)CAD利用技術者1級               平成16年11月21日受験

(3)NTTコミュニケーションズインターネット検定 平成16年12月5日受験
  「.com Master ★★2004」


結構キツ〜イ スケジュールになってます。

<付記>
先々週の日曜日8月22日は電検3種を受験しました。
自己採点では、、壊滅的です。。。電力が受かっていればラッキーです。