Sharp Mebius PC-CB1-M5


<2005年01月02日記入>

久方ぶりの投稿です。

キーボードの修理、、結局できませんでした。。(正常なキーボードが手に入りません。)

とりあえず、USBのキーボードを付けて間に合わせています。。

持ち運ぶのに手ごろなサイズなので、、なんとか修理したいですが、ヤフオクでも結構

値が張って手に入れにくくなりました。。地道に中古屋さんでも回ります。

<2004年08月05日記入>

修理日記です。。。

まず、LANの部分を修理しました。。(図1)

これで IO−DATAのLAN USBアダプタが不要になりました。

次はなんとなく調子の悪いキーボードの修理に取り掛かります。。
(こちらは余り自信がありません。)



図1 LANの部分、ヤフオクで手に入れた基盤からはがして、付け替えました。
   線が細く、半田付けに苦労しました。。(20wの半田こて使用)



<2004年08月02日記入>


なんと、ヤフオクでMebius君のジャンク品をゲットしました。

現物が届くまで分かりませんが、あちこち修理をかけたいと思います。

<2004年07月31日記>

個人的に、CADの検定1級を受けるため、バッテリーが使えて画面が広いノートPCが必要

になったので、HPのノートPCネットから購入しました。。。。物は『nx9110/CT』です。

決め手は、画面が広い(15.4インチ)、メモリが512Mである。値段が安い。筐体が丈夫そう。


です。(納入日は8月10日です。)Sharp Mebius 君は十分使える為、まだまだ使います。

現在、ヤフオクでMebius君のパーツ取りをしてますが、、たぶんゲットできません。
(入札者が強敵なため)

そろそろ、ヤフオクでもジャンク品が出つつありますので、引き続きパーツ取りを継続します。
(キーボードとか、、色々劣化してきてますので、、予備部品は欲しい所です。)

<2004年05月08日記>

久しぶりの投稿です。

PC-CB1-M5のBIOSをVer.2.11 EC/KBCを Ver2.08にアップしました。。

本来なら、とっくにアップしてなければいけないのですが、、やっと本日できました。

遅れた理由は、、

恐らく、ハードディスクをNTFSフォーマットに変更したからかな?と思われます。

<以下経過です。>
当初、ドキュメント通り、リカバリーCD1でPCを起動して、ドライブを変更しようと

したがのですが、C:(仮想ドライブ)とA:orB:(CD-ROM)しか認識しない事を確認。


いろいろと切り分けした結果、ハードディスクが認識されていない事を確認。

その後、FDドライブを付けてWin98起動FDから上げてもHDが認識されない事を確認。
(Windows98が FAT、FAT32しかサポートしていない為と思われます)

その為、一度Windows98起動ディスクで立ち上げ、その後BIOSアップ用ファイルの

入ったFDに入れ替えて、
kupdate.bat bapdate.bat ファイルを起動させて、なんとか

BIOSとEC/KBCのアップを実施しました。。CPUも置換しているので結構あせりました。。

<2004年02月22日記>

1月から Athlon1700+ と CrystarlCPUID の組み合わせで動作させてますが

現在の所、安定動作継続中です。

ただ、好事魔多しで、最近子供がLANケーブルを引っ掛けて、ケーブル接続部線が

破損しました。。(図1)

現在、IO−DATAの製品(USB対応)を買って外部にLANケーブルを接続させてます。

(図2−1,図2−2)今の所、快調に出来てますが、回線スピードのスループットが下がりました。

(現在4Mbps程度です。。問題の無いレベルなのでそのままにしてます。)

本当はPCカードタイプが欲しかったんですが、PCスロットをUSB2.0用に

取っておきたいので、USBタイプの物にしました。

 

 

図1 無残にも壊れたLANケーブル接続部

(上部が欠けてしまったのと、、中の線も折れてしまいました。。。。ショボン。。)

図2−1 IO−DATAのLAN USBアダプタ 「USB−ET/TX−S」です。2,580円でした。。

図2−2 IO−DATAのLANアダプターを接続した状況です。(USB接続)

図3 Athron1700+ で安定動作してます。

 

<2004年01月10日追記> 

新しい、CrystarlCPUIDを使用した所 Athlon1700+でも安定動作する事を確認。

さらに、スーパーパイを2回完走しました。2分01秒ですので、Athlon1400+より

09秒程速いです。しばらく使って様子を見ます。結構いいかも。。ひょっとしたら

Athlon1800+でも動作するかも。。。。。?

 

        図2 1.5GHzで動作中です。 スーパーπも完走しました。。^_^;

<2004年01月09日追記>

やはり、Mobile Athlon 1700+は動作安定しません。。。。起動はしますが、スーパーパイ等を

動かすと、、、固まります。。。。現在は Mobile Athlon 1400+に戻してます。

(無駄な出費をしたのかも。。。)

<2003年12月15日追記>

Mobile Athlon 1700+の動作環境です。(図1、図2)

倍率11倍で動作してますが、、相変わらず Nameは不明のままです。 (図1)

倍率を15倍に変えてやります。。なんと1.5Ghzで動作してます。(図2)

う〜ん、このまま使おうかな〜? 悩ましいです。

 

<2003年12月15日記>

Mobile Athlon の動作環境が判りました。。。(図1)

さらに、CrystarlCPUID というソフトを使用して倍率まで変更できる事も判りました。(図2)

(実際にオーバークロック出来ます。 電圧も変更できます。)

PC-CB1-M5は、VIA KT133チップを使用しているので、ベースクロックが100Mhzです。

その為、100Mhz×12倍 = 1.2Ghzを出してます。(1400+)

現状、安定動作が一番ですので、1400+をメインに使って行きます。

図1 Mobile Athlon 1400+ 使用時です。

図2 倍率の変更です。 画面では切れてますが、、25倍まで変更可能です。

 (怖くて出来ませんが。。)

 『CrystarlCPUID』優れものです。。Vectorなどからダウンロードできます。

 

<2003年12月9日記>

コムサテライトで、Mobile Athlon1700+が売っていましたので、通販でゲットしました。

早速取り付けてみましたが、、なんと動作周波数が1.1Gに退化してしまいました。

(図1、図2)原因は不明です。。とりあえず使い続けてみます。。

 図1 左がモバイル Athlon1700+ 右がモバイル Athlon1400+です。

見た目上は変わりがないように見えますが、、、

   図2 なぜか XX00+ Processor と出ます。。。。おまけに 1.10GHz

 

<2003年7月23日記>

Sharp Mebius PC-CB1-M5の改造履歴です。

もともとの仕様では、AMD Duron850MHzですが2003年5月に Mobile Athlon1400+

にCPUを交換しました。(コムサテライト3号館で購入 ¥5280円でした。現在は4870円です。)

以下簡単な交換手順です。 (図1〜図3)

 

図1 ふたを取り外します。

 

図2 ファンを取り外します。(ファンは裏返してます。)

図3 ファンを取り外した状態(CPU交換済みの写真)

現在の所、熱暴走などパソコンへの悪影響はでていません。むしろ安定してきました。

(以前はよく熱暴走などしてましたので、、、)

Mobile Athlon1400+自体が消費電力25Wと省電力型なので発熱はむしろ減った印象

があります。ちなみにスーパーπは104万で2分20秒でした。

(OSはWindows−xp Professionalにアップグレードしてあります。)

  図4 Mobile Athlon1400+である事が解ります。

現在は、新型 Mobile Athlonが登場しているので機会があったら試そうかな?と思ってます。

 バナー 10000031