閑々居(カンカンキョ)
アートと茶の湯  

TEL 03-5568-7737   地図
営業時間  12:00-19:00  日曜休廊
  105-0004 東京都港区新橋1-8-4 丸忠ビル5F
「お茶のいただき方」 One time lesson 詳細はこちら
 
 バックナンバーへ

6月15日
(木)―28日(水)

藤井健司
「心景」

6月15日
(木)−28日(水)

 

 
 心景  34x24cm  心景  34x24cm
 
 心景  61x45cm  心景  34x24cm

 幼少から親しんだ墨と筆。アレヤコレヤ、やっておりましたが、紙と筆と墨、そして表現者が仲良く気持ちよく仕事をするとプラスアルファの気配が生まれることに気が付いたようです。人間の身体の機能、紙の機能、筆それぞれの機能、それが無理なく働く事。

東アジアの長い伝統の重さを知っているからこそ、ひとりで手探りで求めていく自分の道です。先人が、今更これ?と苦笑しても藤井は堂々と、やっと此処まで来たんです、と言えるでしょう。
今回の、解放から生まれる風通しの良さは、作家のたまらない快感をさざ波のように伝えてきます。
どうぞ、ご覧くださいませ。



5月
EXHIBITION
: Days :

NAGAO Kazunori
長尾和典
5/18(thu)-5/31(wed)

 

 

 

 41-3 244x210mm

 41-5 1200x1250mm

 40-26 134x250mm



シナプスの震えのままに視覚が反応する世界をどう表現すればいいのか。
物質の表面をもたない、ロゴスの皮膜をもたない・・・存在を。
正直に、そのままに、描きたい。
その為に今回、長尾和典は「判ってもらう為にしていた余計な事」を捨てました。

ネコの毛のような、微細な線がそれを可能にしてくれました。
鍛錬の賜物でしょう。墨と筆で出来ることが広がって、ようやく生まれてきた猫の毛の線です。
それが、扉をひとつ開いてくれたのです。

しかし、ますます写真に写ら

なくなりました。トホホ、の写真、ご容赦を。     北條



4月
4月20日(木)−26日(水)

アートな
 

どうぞ ご覧ください。ちびっこは大歓迎。
障害児の為の学習玩具ですが、子供はみんな
こんなオモチャが大好きですから遊びにきてください。
たーくさんありますから、ね。
ちょっと託児所感覚です。

 

   
 左の鬼さんは重いボール、軽いボールをぶつけるとくっつくのです腕の力に合わせてボールを選んであげます。車椅子の子どもも参加。大喜びです。    壁にかかっているのは身支度練習用のエプロン。シャツのボタンをかけて、ジーンズのチャックを閉めて、ホックをかけ、ジャケットのファスナーを閉めます。
   
 町に見かける標識です。判らないと誤解されたり危険だったりするものもあるので、カルタのように2枚づつでゲームのように覚えます。命を守る大切な知識。  おにぎりを作る練習です。障害のある子供達も義務教育ということで家庭科もあるのです。おにぎりが作れたらたらちょっと自慢です。
   
 キューブはサイコロとしても使えますが、色合わせできれいな模様が幾通りもできます。手前はおさかなつり。数を数えたり色名を覚えたり、さまざまな学びがあって、そして子供達が夢中になるゲーム。左側のループはなんにでも使える便利なもの。電車ごっこは皆で移動するときにスムースです。
歌に合わせてキャラクターをを 壁の布にペタペタマジックテープでくっつけます。ひとつひとつがとってもよく出来ていて
それだけでも充分に可愛いオモチャです。みんなが知っている歌、大きな声で歌いましょう。
カラスもクロ山羊さんのお手紙もヒヨコの歌も歌パーツで盛り上がります。